パフォーマンスダッシュボードソフトウェア

この記事では、パフォーマンスダッシュボードソフトウェアについて説明し、次のセクションに分かれています。ダッシュボードソフトウェアの利点。ダッシュボードソフトウェアの種類。パフォーマンスダッシュボードソフトウェアを入手する際に考慮すべき事項。

パフォーマンスダッシュボードソフトウェアの概要:

パフォーマンスダッシュボードソフトウェアは、車のダッシュボードに似た画像を表示するソフトウェアですが、ゲージ、ダイヤル、インジケーター以外のものも表示されることがよくあります(チャート、マップ、スコアカードなども表示されます)。

ダッシュボードソフトウェアはデータ視覚化の一形態であり、ユーザーは主要業績評価指標(KPI)とも呼ばれる主要業績評価指標のパフォーマンスをすばやく分析できます。

ダッシュボードソフトウェアのほとんどは、ビジネスのパフォーマンスを測定するために企業によって使用されますが、教育、医療、政府機関などに関連するものなど、ダッシュボードを使用する他の組織もあります。

ダッシュボードソフトウェアは、ビジネスインテリジェンススタックプレゼンテーション層の一部でもあり、企業が特定のKPIのパフォーマンスに基づいてスマートなビジネス上の意思決定を行うために使用します。

パフォーマンスダッシュボードソフトウェアの利点:

ダッシュボードソフトウェアを使用することには多くの利点があります。

・大量のデータを迅速に分析できます。

・デジタルダッシュボードが有効で適切なデータに基づいている場合、ビジネス上の適切な意思決定が容易になります。

・重要なデータを1ページに表示できるため、ドキュメントの山を通り抜ける必要がありません。

・データはリアルタイムで追跡できます(つまり、データは常に更新されます)。

・これにより、重要なプロセスを視覚的に監視できます。マキシムの「絵は千の言葉に値する」は確かにここに関連しています!

・人と企業の時間、リソース、およびお金を節約します。

・表示されたデータの分析に基づいて、適切なアクションを実行できます。

ダッシュボードタイプ:

パフォーマンスダッシュボードには、一般的に3つの主要なタイプがあります。

1.運用ダッシュボード-頻繁に更新されるデータに基づいて重要なプロセスを追跡するために使用されます。このパフォーマンスダッシュボードは、分析やコラボレーションではなく、監視に重点を置いています。

2.戦術ダッシュボード-特定のプロセスとプロジェクトを追跡するために使用されます。このダッシュボードは、監視やコラボレーションではなく、分析に重点を置いています。

3.戦略ダッシュボード-戦略マップなどの戦略目標を監視するために使用されます。このダッシュボードは、分析ではなくコラボレーションを強調しています。

パフォーマンスダッシュボードソフトウェアの選択:

ビジネスインテリジェンス市場は過去10年間で急速な成長を遂げており、その結果、多数のダッシュボードソフトウェアが利用可能になっています。疑問が生じます:どのダッシュボードソフトウェアがあなたに最も適していますか?

ダッシュボードソリューションを選択するときは、次の問題を考慮するのが賢明です。

・ダッシュボードソフトウェアが本当に必要ですか?あなたの組織や会社は、大量のデータを迅速かつ正確に監視および/または分析する必要がありますか?

・ いくらですか?それはあなたの運営予算の範囲内ですか?

・ソフトウェアはどのプラットフォームで実行されますか?ほとんどのダッシュボードソフトウェアはWebベースですが、Software as a Service(SaaS)として実行されるダッシュボードもあります。

・ダッシュボードの実装はどのくらい簡単ですか?それは簡単ですか、それともそれを起動して実行するのに多くの時間とソフトウェア会社との協議が必要ですか?実装の容易さを検討する際には、ITリソースも考慮に入れる必要があります。

・ダッシュボードには必要な機能がありますか?ダッシュボードが達成すべきすべての目標を考慮に入れて、機能のリストに含まれていることを確認してください。

・ソフトウェアはあなたの会社が持っている種類のデータを消費できますか?たとえば、多くの組織はデータを複数の形式で保存しており、入手したソフトウェアはそれらのデータ形式で動作できるはずです。そうしないと、問題が発生します。

0 Comments